中露国際列車とシベリア鉄道

 2019年末の休暇、列車で北京からモスクワまで。K19次国際列車(ロシア国内は、車両の表示で19列車、時刻表で019Ч)は、北京を出発し、第二次世界大戦前、1930年代あたりにメインだった欧亜連絡ルートに重なる経路(瀋陽、長春、ハルビン、満州里、・・と往年の満鉄線、東清鉄道を経由、中露国境を越えてからは、チタでシベリア鉄道本線に合流)を通り、6日ほどでモスクワまで走破する(筆者が利用したのは2019.12.28北京発、2020.1.3モスクワ着の便)。
 北京出発時には、ロシア車両が5両(寝台車)プラス中国車両2両(寝台車、食堂車各1両)を中国車両の機関車がけん引する編成。ロシア車両の乗客は非常に少ない。4人用コンパートメントに筆者ら2人。同じ車両にはほかに数人。それも、満州里とチタで下車。同じ車両には筆者ら2人だけ(ほかに車掌が数人)という貸切り状態。シャワー室も使えるので快適。
 満州里駅(中露国境の中国側)で中国出国手続き(列車内で)と中国車両の切り離し。ザバイカリスク駅(国境のロシア側)でロシア入国手続きと台車の交換(中露でゲージが異なる・・機関車はここからロシア車両)。チタで、ウラジオストックからの列車(ウラジオストック-モスクワ間の1列車、駅アナウンスでは、"скорый поезд номер один"・・直訳すると急行列車1番?、時刻表で001М)と連結されて、長い編成に。食堂車もロシア車両に・・。

 アジアとヨーロッパを結ぶ長大な鉄道路線。長距離の旅客輸送の手段としては、航空機に押されているはず。しかし、貨物輸送の手段としては、アジア・ヨーロッパを数日間で結ぶことができるので(スエズ運河経由の船を利用するよりずっと早い)、近年ますます重要性が増している。実際にも、筆者らの列車は、数分おきに貨物列車と行き違っていたし、線路脇の待避線にたくさんの貨物列車が退避しているのを見ることができた。旅客より貨物に偏重した路線という印象である。
 余談だが、韓国の文在寅政権が、北朝鮮との融和に熱心な理由がよくわかる。もし、鉄道・道路、そして石油パイプラインを、北朝鮮を通過させることができれば、中露だけでなくヨーロッパまで、陸路でつながるようになるので、韓国の産業界にとって、非常に有利に。これは、北朝鮮との親密な関係自体を目的とするものでないので、産経新聞などの右翼媒体が煽るような文在寅の左傾化ではなく、むしろ戦前の天皇制日本が、大陸進出を唱えたのと同種、あるいは、最近になって、中国が一帯一路を提唱しているのと同種の発想。それだけに、関係国の利害も複雑で、韓国財界の思うようになるかは分からないが。

 頻繁にタイムゾーンが変わるが、写真に刻印されている時刻は、日本時間(UTC+9)で表示されている(モスクワ時間はUTC+3で6時間の差)。


北京で買い出しと乗車前の時間つぶし(頤和園)

北京駅前の雑踏

北京駅構内の発車時刻表示。深夜でも、頻繁な発着がある。右側のK19、23:00発がモスクワ(莫斯科)行き。

2日め(乗車翌日)の朝、山海関を越えて瀋陽駅に

夕方にハルビン駅(ここから西進して、大興安嶺から満州里へ)

3日め、中露国境ロシア側のザバイカリスク駅。中露でゲージが異なるため4線軌条。機関車はまだ中国国鉄のもの(この後に交換)。

深夜にチタ駅(シベリア鉄道本線に合流)で、001М列車と連結

4日め早朝にウラン・ウデ駅

4日めは車窓からバイカル湖の風景

4日め夕方にイルクーツク駅(バイカル湖畔の都市)

4日めの深夜、車掌らが新年の準備(車掌室のドア)

車掌らと、スパークリングワインとイクラの料理で新年の乾杯

5日め、ニジネウジンスク駅(駅構外では新年の花火)

マリインスク駅

ノヴォシビリスク駅(シベリア最大の都市らしい)

6日めの早朝、オムスク駅

チューメニ駅(現地時間で9時前だが暗い)

エカチェリンブルク駅(ウラル山脈東麓の都市)

7日め朝、キーロフ駅(すでにウラル山脈を越えてヨーロッパ)

ウラジミール駅(ヤロスラブリ経由から路線が変更された)

7日め午後、14:00前にモスクワ・ヤロスラブスカヤ駅に到着。乗ってきた列車とシベリア鉄道0kmの標柱。

 時刻表。中国内は北京時間、ロシア領内はモスクワ時間(Московское время)と、現地時間(местное время)との時差(+6 ~ - )で表示。

 頻繁にタイムゾーンが変わるのでわかりにくいが、この時刻表では、たとえば、満州里駅を北京時間の7:01に出発した列車は、次のザバイカリスク駅にモスクワ時間の2:26に到着する。モスクワ時間(UTC+3)の2:26はザバイカリスクの現地時間(ヤクーツク時間、UTC+9)で8:26。そして北京時間(UTC+8)で7:26なので、実際の走行時間は25分間である。満州里駅とザバイカリスク駅は、国境の両側で、距離は12kmである

 この路線は、北京発モスクワ行きと、モスクワ発北京行きが、どちらも週1便。そのため、それぞれの駅を発着する曜日が決まることになる。たとえば、北京発モスクワ行きの列車が満州里駅を発着するのは、月曜日に限られる。この時刻表では、曜日と北京駅発から数えた日数(北京を0とする)を表記する。なお、北京・モスクワ間の全区間を走る列車は週1便だけだが、これが走らない曜日には、部分的な区間を走る列車(多くは同時刻)が設定されていることもある。

 列車番号も複雑。北京発モスクワ行きは、中国内でK19と称されているが、列車(ロシア車両)の表示板では19列車、ロシアの時刻表(チケット販売サイトなど)では019Чとなる。さらに、チタ駅でシベリア鉄道本線に合流すると、ウラジオストック-モスクワ間の1列車(時刻表で001М)とされる。もちろん、列車番号が変わっても、乗客の乗る車両は同じなので、北京からモスクワまで、終始同じ座席(寝台)を利用できる。


到着時刻出発時刻日数と曜日時差(現地時間)列車番号
北京時間(UTC+8)
北京 23:00+0(土)K19
天津0:350:41+1(日)K19
唐山2:012:03+1(日)K19
山海关4:074:13+1(日)K19
锦州6:116:15+1(日)K19
沈阳8:478:55+1(日)K19
长春12:2712:37+1(日)K19
哈尔滨15:1215:55+1(日)K19
昂昂溪18:3618:47+1(日)K19
锦州22:3822:48+1(日)K19
海拉尔2:032:13+2(月)K19
满洲里4:007:01+2(月)K19
モスクワ時間(UTC+3)現地時間
(モスクワ時間との差)
Забайкальск2:267:16+2(月)+6K19/019Ч
Борзя9:189:54+2(月)+6019Ч
Ясногорск11:0511:15+2(月)+6019Ч
Оловянная11:3211:42+2(月)+6019Ч
Могойтуй12:5013:00+2(月)+6019Ч
Карымская14:3114:49+2(月)+6019Ч
Чита - II16:4317:56+2(月)+6019Ч/001М
Хилок22:2022:35+2(月)+6001М
Петровский Завод1:031:05+3(火)+6001М
Улан-Удэ Пасс.3:023:23+3(火)+5001М
Слюдянка - I8:178:19+3(火)+5001М
Иркутск Пасс.10:2310:47+3(火)+5001М
Иркутск-Сортировочный11:0111:03+3(火)+5001М
Ангарск11:4011:42+3(火)+5001М
Усолье-Сибирское12:0612:08 +3(火)+5001М
Черемхов13:0013:02+3(火)+5001М
Зима14:4815:10+3(火)+5001М
Тулун17:0317:05+3(火)+5001М
Нижнеудинск18:4218:55+3(火)+5001М
Тайшет21:2821:30+3(火)+4001М
Иланская23:2923:51+3(火)+4001М
Канск-Енисейский0:210:23+4(水)+4001М
Красноярск Пасс.3:584:19+4(水)+4001М
Ачинск - I7:077:09+4(水)+4001М
Боготол8:088:09+4(水)+4001М
Мариинск9:5310:27+4(水)+4001М
Тайга12:2312:25+4(水)+4001М
Юрга - I13:2613:28+4(水)+4001М
Новосибирск-Главный15:3915:57+4(水)+4001М
Барабинск19:1819:48+4(水)+4001М
Омск23:2923:45+4(水)+3001М
Ишим2:503:05+5(木)+2001М
Тюмень6:346:55+5(木)+2001М
Екатеринбург Пасс.11:3612:04+5(木)+2001М
Пермь - II17:2817:48+5(木)+2001М
Балезино21:2121:47+5(木)+1001М
Киров1:001:15+6(金)-001М
Семёнов5:445:46+6(金)-001М
Нижний Новгород Моск.6:487:00+6(金)-001М
Владимир10:3611:06+6(金)-001М
Москва Ярославская13:58 +6(金)-001М



 Pacific Engineeringのページ