小槍 - 小槍の大きさ

 小槍は、西鎌尾根上部からその南側面がよく見える。写真も多い。しかし、数メートルの岩峰なのか、それとも数百メートルなのか、写真ではわかりにくい。
 ここで紹介させていただく写真は、筆者らが小槍に取り付いている間に、大槍の山頂付近から写したものらしい。ネットで見つけたので、許諾を得て紹介させていただきたい(撮影者・・連絡先は下記の「複写元」・・の著作物です)。被写体が偶然にも筆者らであることはともかく、人物が写っていて、小槍のスケール感がわかる貴重な資料。このページで用いるには、ややサイズが大きいが、リサイズ等の編集・改変を避けて、そのまま掲載させていただきます。(写真の複写元:「六甲山中チャリ栗毛」 )


 大槍から見た小槍の上半(下半は曾孫槍に隠されて見えない)。この写真ではスケール感がわかりにくいが・・


 同じ場所から拡大して撮った別の写真。小槍の中段には、人物が2人(実は筆者ら)。これと比べると小槍の大きさがわかる。


 そして、さらに拡大・・ (2560 x 1920、JPEG 3.5MB、上の写真と同時に撮影されたものの加工前の原データ)。山頂部は、意外に広い。

戻る